ニュース February 25, 2019

    我が家にようこそ、スタートアップ

    パリを拠点とするスタートアップ・コミュニティであるThe Familyの創設者アリス・ザギュリーと席についたとき、パリでは雪が降っていました。本格フランス式で、彼らは自分自身のシェフを持ち、起業家はしばしば共同テーブルを囲んで一緒に食事をします。The Familyの精神とベンチャーを始める動機について尋ねられたとき、彼女は「野心的な人々が夢をもち実現させるのを助けるシェルター」を提供したかったと答えました。同じ週、私たちはフランスのユニコーンBlaBlaCarのコミュニケーションのチーフであるロール・ワグネールと会いました。私たちが彼女にフランスのテック・エコシステムはどこが違うのかと尋ねたところ、彼女はパリ地方では彼女のもののような確立された会社が未熟な会社にすぐにメンターシップとアドバイスを提供すると言って、支援的な雰囲気をすぐに強調しました。2002年に設立されたVC会社であるElaia Partnersのパートナーであるサマンサ・ジェルザルミーは、パリ地方を称え、「次のユニコーンを構築するのに、ロンドンよりも、ベルリンよりも、ヨーロッパのどこよりも最高のハブ」であると付け加えました。

    現在、8,000を超えるスタートアップがパリ地方を本拠地としています。

    この協力的で楽観的な精神を説明するものは何でしょうか? 純粋な利他主義? まさかそうではありません。しかし、パリ地方では、ビジネスや公的機関のさまざまな分野のプレイヤーが集まって、会社を起業および成長させるための特別な場所にするために協力しています。要するに高いレベルを保っています。そこで、パリ地方がテクノロジービザプロセスの迅速な処理やヨーロッパで最も寛大なR&D税額控除など、起業家向けの新しいインセンティブの導入に懸命に取り組んでいるのです(ここで、VC投資に現在27億ユーロ用意されていることを言及しておくべきでしょう)。しかし、デジタル時代においては、人々は従来の指標以上のものに基づいてスタートアップをどこに立ち上げるかを決定しています。ひとたび特定の場所が経済的な意味を持っていると確認すると、彼らは、受け入れられ所属していると安心したいと考えます。言い換えれば、彼らはわが家にいるように感じたいのです。

    そして、大きなアイデアを持っている人々にとって、パリ地方よりも良い家は何ですか? 歴史を知るならば、フランスは型破りなことに関心がないわけではないことを知っているでしょう。その啓蒙精神は今日も健在であり、この国はあえて大胆に考える勇気のある人々の道しるべとなっています。パリ地方はこのダイナミズムの恩恵を受けており、また、一般の社会も恩恵を受けています。最も基本的なレベルでは、人々は問題を解決したいので会社を始めます。企業はますます、これらの問題がパリ地方の人的、技術的、財政的資源によって解決できることを認識しています。シリコンバレーに拠点を置くスタートアップZenysisを例にとってみましょう。 Zenysisは、ディープ・テック、AI、機械学習技術をグローバル・ヘルスに応用し、政府が命を救うのを支援する注目すべき企業です。彼らのプラットフォームは、保健省が分析のためにデータを準備する時間を大幅に短縮し、即時分析できるようにします。具体的には、このことは、たとえば、次のマラリアの発生を予測し、事前に適切な対応を展開できることを意味します。彼らはいわば未来を見ることができ、地区レベルの精度でHIV症例の正確な状況を把握することができます。

    アリス・ザギュリー、The FamilyのCEO兼創設者

    先日、Station FオフィスでCEO兼創業者のジョナサン・スタムボリと同席したとき、「なぜパリなのか、なぜ今なのか」と尋ねずにはいられませんでした。Zenysisにとって選択は明らかでした:1)多言語プロジェクトマネージャーからデータサイエンティストやコンピューターエンジニアまで人材の高度な集中; 2)場所、場所、場所:パリ地方は世界で最もよく接続された地域の1つであり、スタッフが他の国際オフィスに迅速に移動して意思疎通できます。3)フランス政府は、世界中のグローバルな医療システムの主要な投資家であり、ここにいることで、この分野で最も重要な意思決定者にアクセスすることができます。最後に、スタムボリは、パリ地方の生活の質である「ソフト」要因を指摘し、これは彼のスタッフが良い暮らしができる場所であり、会社と彼の時間の半分をパリで過ごす予定の創業者自身にとっての優先事項であると述べました。偏ったことでもいいですから呼びかけてください、私たちは関連付けられます。

    Zenysisのプラットフォームにより、政府は病気の発生を事前に予測することができます。)

    フランスやパリ地方ほどスタートアップや起業家精神が劇的に増加している場所はほとんどありません。近年、650以上のインキュベーター、アクセラレーター、コワーキング・スペース、専門人材、そしてもちろん資本へのアクセスという活気に満ちた支援的なエコシステムに魅了されて、国際的な創業者がこの地域に集まっています。また、州(地方)は可能な限り継ぎ目なく成功裡にビジネスを開始および成長させるための重要な手段を導入しています。まず、財政的に、州(地方)は選ばれたスタートアップと中小企業向けに最大250,000ユーロのスターター・パックを創設しました。次に、企業が成功のために不可欠なパートナーを見つけるのを積極的に支援し、インバウンド企業を金融パートナーや地元の研究開発ネットワークと結び付けます。さらに、どこを選ぼうとも、外国で会社を立ち上げるのは大変なことです。すべての場所に、その地域の規制の枠組み、文化の違い、そして他の未知の課題となるものがあります。それゆえに、私たちの専門チームは呼びかけに応じてビジネスのしやすさを向上させるパーソナライズされたサポートを提供しています。私たちの専門家は、銀行口座の開設、財務、法務および移民手続きの展望、ビザ案件を舵取りするための人材の募集、商業および住宅用不動産探し、スタッフの引越し、地元の学校への子供の入学など、最も重要な問題について企業を支援しました。

    アリス・ザギュリーの賢明な言葉で、「白紙の状態の場所で違いを生むことができます。あなたの違いとともに来ることができます。あなたの、特異点とともに来てください。」このことは、今日パリ地方で起こっていることの核心をつかんでおり、私たちは強化するために一生懸命働いているという感覚をつかんでいます。:スタートアップ、ここを自分の家にしてください。お待ちしています。

    数字は嘘をつきません。パリ地方は、スタートアップや起業家にとってますます人気のある場所です。