ニュース July 19, 2019

    ビジネスのために来て、生活のために滞在

    仕事や学校のために新しい場所に引越しするとき、必ずしも日常生活についてよく知っているとは限りません。おそらく、ヨーロッパでの休暇で前にパリ地方を訪れたり、若い頃に家族と一緒に数日来たりしたことがあるかもしれません ― 実際に落ち着くとなると地域との関係が変わります。到着するとすぐ大きな質問があなたに集中します:どこに住むのか、どのように仕事するのか、そしていつ店が開いているのかといった地元の情報など。いつかあなたはそれをすべて理解し、みんなに「ボンジュール」と言うことになるでしょう、しかし、それまでの間、仕事に関係のない面であなたを待ち受けていることについて少し見てみましょう。

    「ルーブル美術館に行ってセーヌ川に沿って歩く」という推奨はスキップしますが、パリ地方が文化活動で溢れていることを忘れてはなりません:世界一流の美術館や劇場からアンダーグラウンドのパフォーマンス・スペースと独立した映画館まで。フォンテンブローやプロヴァンのようなより知られていない宝石は、中心部から電車ですぐの距離にあります(そして、はるかに少ない観光客!)。

    中世の町プロヴァンに12世紀に建てられたシーザーズタワー。パリ中心部から電車ですぐです。

    自然愛好家は、パリ地方が75%の緑地、湖、川であることを知って驚くでしょう。市内中心部自体に400以上の公園があり、最も森林に覆われたヨーロッパの首都にしています。さらに、パリ地方は世界最先端の交通システムの1つによって、歴史的な都市部とより自然な郊外を継ぎ目なく移動できるため、日帰り旅行をして新鮮な空気を簡単に得ることができます。フィットネス志向の人は、大規模な公共プールのネットワーク、多数の自転車道、運河でのカヤック ― おそらく ― 野外での誰でも自由に参加できる川沿いのタンゴやサルサ・ダンスセッションでちょっとつまずいたりすることを楽しめます

    パリの地下鉄は、世界で最も効率的な輸送システムの1つです。

    パリ地方に住んでいるもう1つの利点は、ヨーロッパのどこにでも素早く簡単に行くことができることです。 3つの国際空港、7つの高速鉄道駅、そして最先端の都市交通システムにより、いくつかの目的地の名を挙げればジュネーブ、ロンドン、バルセロナ、ローマ、ベルリンに2時間以内で行くことができます(そして、残りのフランスを忘れないでください!)。現在のグランパリ・エクスプレス計画は、メトロシステムをさらに拡張し、郊外間の高速リンクを提供します。

    パリ地方は地産地消およびオーガニックの食品運動をリードしています。

    あなたが他国の玄関口を飛び回わらなくてもいいときには、地産地消やオーガニックの食品運動をリードしているパリ地方の活気あるグルメシーンに誘惑されるかもしれません。クリエイティブな若いシェフたちは、包容力のある人々と高品質の食材へのアクセスのおかげで、パリ地方を選び切磋琢磨しています。(パリの南、ランジスのすぐ近くには世界最大の生鮮食品市場があります)。あるいは、友人と一緒に屋外のカフェで素敵なワインとチーズ盛り合わせを楽しみたいだけかもしれません。ヘミングウェイがパリは動く饗宴だと言ったときに念頭に置いていたものとは少し違うかもしれませんが、おそらく感じはつかめるでしょう。

    地元の「託児所」(保育園)の子供たち。保育はパリ地方が他の世界都市よりもはるかに手頃な価格です。

    もし家族をお持ちなら、家族がこの新しい環境にどう適応するかを考えるのは当然です。ただし、パリ地方は国際的な家族に対応する具体的な措置を講じているので、両親は心配する必要はありません。パリ地方の学校には156の国際言語セクションがあり、17の異なる言語を教えています。つまり、子供たちはフランス語と母国語の両方を学習できるということです。年少の子供は、3歳まで就学前に通うことができる近所の託児所に行くことができます。子供たちはまた、学年中に4回の2週間の休みを享受でき、家族で休暇に行く時間が与えられます。

    最後になりましたが、手頃な価格ということがあります。多くの研究がパリ地方の生活費は、ニューヨーク、ロンドン、サンフランシスコ、ジュネーブなどの他の国際都市に比べて有利であることを示しています。これは、住宅、教育、医療などの個人費用だけでなく、求人やオフィス・スペースなどのビジネス費用にも当てはまります。

    映画ファンやアスリート、食通や自然愛好家、芸術愛好家、世界旅行者:パリ地方での生活は誰にでも何かを提供します。ですから、もともとはビジネスのために来たかもしれませんが、あなたは一生滞在するかもしれません。