ニュース August 2, 2019

    パリでの観光

    旅行というアイデアにはまったく新しいものはありません: 確かに古代ギリシャ人とローマ人はそれに参加し、他の文化もそうでした。しかし、時間の経過とともに、かつて裕福層やビジネスのためだったものは、皆の利益のために、リラクゼーションと教育になりました。ここでは、観光の歴史と、それがパリ地方にどのように影響しているのかについて簡単に説明します。

    宗教や健康上の理由から巡礼も人気がありましたが、初期の観光形態は主にビジネスに集中していました。ローマの道路ネットワークのおかげもあって、すぐに有名なモニュメントを見たり、温泉や海を訪れたりできるようになりました。それでも、大多数の人々にとって、旅行や仕事は手が届かないため、裕福な人だけが楽しめるものでした。

    17世紀ごろから、観光を学習の手段とすることが見られるようになります(おそらく、いまのギャップイヤーに相当するもの)。若い貴族が旅行することがそれにあてはまります。仕事をするためではなく、経験を積んで世界を見るためです。これは多くの場合、ヨーロッパを旅しながら芸術や文学を学ぶことを意味していました。これらのいわゆる「グランドツアー」は、2年から3年の旅に時間とお金を費やす余裕のある貴族だけが楽しみました。フランス語が当時の支配的な言語であったため、若い男性がフランス語と文化の知識を向上させ、政府の内部の仕組みについてさらに学ぶためにパリに行くことはほぼ確実でした。そこから、旅ではしばしばスイス、イタリア、オーストリア、ドイツにも立ち寄りました。

    ソルボンヌ大学

    蒸気エンジンの発明は、観光の歴史の転機の1つでした。現在、列車とトーマス・クックのような人々のおかげで、一般の人々もヨーロッパ大陸全体や英国を旅行することができます。パリジャンはドーヴィルのような海辺の都市に集まり、フランスの南海岸はイギリス人観光客に非常に人気がありました。万国博覧会は、観光事業(1878年に1600万人の訪問者)と、エッフェル塔、グランパレ、プチパレなど、いくつかの現在パリにある主要な観光地を生み出しました。

    真の変化は、第二次世界大戦後に生じました。

    突然、かなり多くの人が休暇を取り、中流階級が急増しました。旅客便と個人用自動車の普及は、人々の旅行能力をさらに向上させるのに役立ちました。世界中の多くの地域で、観光は地域経済にとって非常に重要になり、裕福な国でさえ、それがもたらす人々と現金の流れに依存しています。たとえば、フランスは、国際観光機構によると、2017年に8690万人で世界で最も多くの国際観光客が到着し、2016年には459億ドルをもたらしました。

    ベルサイユ

    豊かな歴史と文化のおかげで、パリはバンコクとロンドンに次いで世界で3番目に訪問者の多い都市であり、この地方は毎年約5,000万人の訪問者を集めています。210億ユーロの収入と511,000の雇用を生み出し、観光は非常に重要です。あなた自身のミニグランドツアーに行きたくてワクワクしませんか?芸術から科学まですべてをカバーする140の博物館美術館、4つのユネスコ世界遺産(ベルサイユ、フォンテーヌブロー、プロヴァン、セーヌ川のほとり)、および地域全体に広がる4,000の歴史的記念物があります。たとえば、1日に2つ訪れたとすると、それらすべてを見るには約5年半かかります。現代のアトラクションに興味がある人のためには、定期的な音楽祭、ショー、ショッピングセンター、レストランなどがあります。

    それはただ楽しいだけではありません。パリには、ロンドンや上海を越えて世界で最も多くのビジネス訪問者があります。この地方では毎年1,000を超えるコンベンションが開かれ、400以上の展示会が開催されているため、あなたが予想よりも早くこの光輝く街を訪れるチャンスがあるでしょう。また、ビジネスや観光でパリを訪れる場合でも、前の人の足跡をたどっていることを忘れないでください。