持続可能な大都市

パリ地方は持続可能性の促進に深く取り組んでいます。この地方の施策は、3つの主要テーマを中心に行われています:ビジネスを通じた持続可能性の推進、環境に責任をもった都市計画そして社会にポジティブな影響を与えるプロジェクトの促進。フランスの人口の18%が国土のわずか2%に住んでいるパリ地方の目標は、持続可能なカーボンフリーの都市計画を通じて、市民が安心して呼吸できるグリーンな環境を提供することです。持続可能な開発はこの地方のすべての政策の中心です。

気候変動という急務への対応として、5年間でこの地方のエコロジー的変革を加速するために環境に優しいプロジェクトへの公共投資を2025年までに100億ユーロに増やします。これによってビジネスに数多くのチャンスが生まれると同時にイノベーションが促進されるでしょう。

ポジティブな社会的影響を確実にすることは、パリ地方の市町村にとって主要な優先事項です。これらの町ではすべて同じ目標をもったさまざまな政策が導入されています:より社会的に責任のあるビジスを開発する、地域経済と市民の間のより強力な絆をつくる。さらに、パリ地方は持続可能な開発目標と2030アジェンダを支持し、2020年初頭に国連事務総長アントニオ・グテレースが提唱した10年アクションの実行を約束しています。

事業を通じた持続可能性の推進

パリ地方は、ヨーロッパにおけるビジネス開発、R&Dとテクノロジー、環境、社会的イノベーションのための先端の市場です。繁栄し革新的で持続可能なエコシステムのおかげで、OECDによれば、フランスのグリーン特許の40%はパリ地方で生まれています。この地方の持続可能な都市計画プロジェクト、グリーン建築そして循環型経済に大きく焦点をあてていることの中に、この成功のカギとなる要素が見出されます。

Wekiwiは、グリーンで手頃な価格の持続可能なエネルギーソリューションの市場開拓にパリ地方を選びました。

都市の持続可能性を実験する

持続可能な建築はパリ地方の巨大産業です。

パリ地方は、都市農業開発、大気質、汚水処理、リサイクルスマートエネルギーなどに関する革新的なプロジェクトを試し実用化をのぞむ企業と協力し支援しています。都市実験とは、実際の都市生活の条件下で革新的なデバイスやアプローチ(設計されてはいるがまだ販売されていない)を試験することを意味します。

2010年以来、パリ地方政府、Paris&COの都市ラボ、Numaのデータシティ他によって、500以上の都市プロジェクトが展開されており、すべてパリ地方内の持続可能なプロジェクトを支えています。たとえば、Cleaner Airは2018年にパリ地方が始めた地下公共交通機関の空気の質を改善するソリューションを提供する5社に100万ユーロの財務パッケージを提供する実験プログラムです。さらに、パリ地方とフランス国鉄は、列車がブレーキをかけるときに出る粒子の吸収を可能にする技術を実験しています。最初のプロジェクトは、225,000ユーロの地方助成金を受けました。

パリ市は現在、保育園や幼稚園の周囲の空気の質をよりよく測定するためスタートアップ企業と協力しています。 共同で大気の質を測定する150の監視ステーションの追加設置を発表しました。

これまでの最新の取り組みの1つは、400ヘクタールの土地でParis&Coが進める都市イノベーション地区です。2019年9月25日に15のプロジェクトが選ばれて、循環経済、フローとモビリティ管理そして公共スペースの使用という3つの主要なテーマに焦点をあてつつ、徐々にソリューションをテストします。

グリーン建築へのインセンティブ

明日の都市をデザインするために、パリ地方政府、市町村および広域市町村は、計画の公募、事業契約そして政策をより近代的で環境にやさしい都市再生に合致したものにシフトしています。

2014年以来、パリ地方の150の場所で5つの国際事業が開始されました。これは、高品質でダイナミックで持続可能な都市の未来に貢献する革新的な都市プロジェクトのためのものです。全体で、2,485,218平方メートルの土地で持続可能な開発が行われます。

2016年以来、100の「革新的でエコロジカルな隣近所」事業で、エコロジー的影響の少ない新しい地区を建設することを目的とした44の開発プロジェクトに1億4,000万ユーロが投資されています。

パリ地方は都市計画戦略の中心に持続可能性を置き、どうリサイクルするか、設置するか、使用するかにもとづいて材料を選ぶことで環境に優しい建物を優先しています。これらのプロジェクトはフランスの首都にイノベーションの場を提供すると同時に都市開発の技術とその居住者および訪問者の経験の両方を革新する持続可能な大都市の顔を形成します。

循環経済の開発

2019年、パリ地方政府は、大規模な地元の関係者のエコシステムと協力して、15のテーマを中心とした地域循環経済戦略を採用しました。最近の法律は、使い捨てのプラスチックと包装の廃棄物の削減を狙い、建設廃棄物の再利用とリサイクルに関する要求を増やしています。規制は2021年1月1日から2023年1月1日まで段階的に実施されます。

さらに、パリ地方で生まれている地域循環経済戦略は、しばしば広域市町村によってサポートされており、主に廃棄物の再利用を対象としています。たとえば、市町村は、建設セクターにおいて廃棄物と見なされてしまう資材のオンライン市場を構築することで実験的な産業と環境への取り組みを開始しました。

また、セーヌ川のラストワンマイルと河川輸送の問題に対処することにより、物流セクターの環境問題にも取り組みます。食品セクターでは資源の使用の最適化、生産方法の変更、より持続可能な農業活動の確立のために多くのイニシアチブが導入されました(都市農業、そして食品のセカンドライフ)。非常に革新的な循環経済プロジェクトをもつ多くの企業がパリ地方で繁栄しており、経済発展のキープレーヤーとなっています。

これらすべてのアクションを奨励し、循環経済構築をめざす人々をネットワーク化するため、大パリ・メトロポール組織が開発したGrand Paris Circulaire ウエブサイトは、注目すべきイニシアチブを共有し、助言し、プロジェクトを奨励し、最終的にパリ地方の循環経済の使用を促進するプラットフォームです 。

外国企業のCSR戦略実施を支援します

責任ある企業にサービスを提供するプレイヤーたちの重要なエコシステムがパリ地方ではすでに十分に確立されています。Choose Paris Regionでは、動きを加速し、地域のクリーンテックの成長に貢献するためにできることをすべて行っています。Choose Paris Regionは、諸サービスと結びつけ、企業がビジネスを環境的および社会的責任に適応できるようにネットワークをサポートします。このネットワークにより、グループと個人は優れた実践を共有でき、集められたすべての情報は、あらゆる規模のすべてのセクターの企業のCSR活動の拡大をサポートします。

このサービスの詳細についてお問い合わせください。

環境に配慮した都市計画

パリ地方はグリーン革命の最前線に立っています。COP21会議を主催し、パリ協定を締結して以来、パリ地方は2050年にはカーボンニュートラルな地域になると誓いました。その結果、パリ地方は、都市をより環境に優しくする、持続可能な交通手段、都市農業、さらにはセーヌ川で泳げるようにするといった野心的なプロジェクトを支援しています。これらの野心に従い、2020年にパリ地方は今後5年間で環境プロジェクトに投資するために100億ユーロを割り当てました。これは、この地域のエコロジー的変革の加速を助けます。

アクティブモビリティ、自転車、電動モビリティ

パリ地方では、毎日850,000の旅が自転車で行われています。パリ地方と地方交通当局は、すべての住民に電動アシスト自転車(EAB)を試す機会を提供することで、持続可能な交通手段として自転車の使用を奨励したいと望んでいます。

2019年9月、地方交通当局は毎月2,000台の自転車を使用する世界最大のEABレンタルサービスであるVéligoLocationを開始しました。2020年末には、6か月または9か月間、月額40ユーロ、ただしその50%はユーザーの雇用主から払い戻される、で最大20,000台の自転車が利用可能になります。このサービスは、最初の6年間でパリ地方の住民20万人が利用することでしょう。目標は、電動自転車が現在のライフスタイルにいかに適しているかを示すために、ユーザーが短期間で個人使用してEABをテストする機会を提供することです。

2020年2月の時点で、パリ地方は電動アシスト自転車の新規購入に対して部分的な払い戻しを提供しています。この助成金は、自転車1台あたり、および申請者1人あたり、市町村の援助を差し引いた後、購入価格の50%、上限500ユーロまでです。総予算は1200万ユーロです。パリ市は、同様の償還プログラムを住民に提供しています。

フランス政府は、自転車のメンテナンスのための50ユーロの助成金、駐輪場への補助、自転車レーンを含め、自転車利用を促進するために2,000万ユーロを提供しました。

コロナウイルスの蔓延は、混雑した公共の電車やバスでの感染のリスクを回避するためであれ、二酸化炭素排出量を削減するためであれ、自転車で移動するインセンティブをさらに高めました。パリ地方は、安全でクリーンで手頃な価格の車の代替の採用を促進する取り組みを奨励しつづけます。

パリ地方:eモビリティ革命をリード

革新的なクリーン・バス

パリ地方は、水素を動力とするバスの使用の取り込みにおける先駆者です。パリ地方で最初の2台が、2019年の夏にジュイアンジョザスとヴェルサイユシャンティエ(78)の間の第264路線で、このタイプの車両の可能性をテストするための試運転を開始しました。

これは、2025年には人口密集地域で多数(ほぼ5,000台のバス)、またこの地方の残りの部分では2029年までに完全に、クリーンなバスにするという目標をもったパリ地方が追求するエコロジー的転換の1歩前進です。

郊外の新しい高速路線―グランパリ・エクスプレス

現在非常に自動車が中心となっている地域に持続可能な交通手段を提供しようと 完全自動化メトロ路線がパリを取り囲むように建設されています。グランパリ・エクスプレス(Grand Paris Express)と名づけられ、このプロジェクトには200キロメートルの新しい路線(既存のパリのメトロネットワークの2倍)と68の新しい駅が含まれています。新しい路線は、建設と運用の両方において悪影響を最小限に抑え、エネルギーと資源の効率を最大化することを目的として、7つの環境原則に従って建設されています。この大規模なインフラプロジェクトは、パリとこの地方のさまざまな戦略的センターすなわち中心市街地、ビジネスセンター、国際空港、高速鉄道駅などがよりよく接続されるようにします。

2〜3分間隔で運行される電車で、このプロジェクトは自動車の強力な代替を提供し、都市のスプロール化を逆転させながら首都圏のクリーンな高密度化をサポートします。

アグリテックで都市を養う

最近パリ地方では、垂直農場、屋上菜園、都市農場が盛んになっています。都市農業は、Inventing the Greater Paris Metropolisキャンペーンの入賞プロジェクトの60%がとりあげていました。

農園を都市に導入するには、まず生物多様性が繁栄することを可能にする緑地と生息地を確保しなければなりません。グリーンルーフは、黒い乾燥した屋根を緑豊かで湿った性質に置き換えるため、ヒートアイランド現象に対抗する効果的なソリューションです。また、雨水の最大50%を吸収するため、排水システムへの圧力が緩和されます。

現在、パリ地方には73ヘクタールの都市農業と、私たちの都市の未来を形作る革新的なスタートアップで構成されるダイナミックなアグリテック・ビジネス・エコシステムがあります。

セーヌ川とマルヌ川で泳ぐ

2025年までに、マルヌ川とセーヌ川で泳げるようになるでしょう。2022年から2025年の間に、マルヌ川とセーヌ川、そしてサンドニ運河とウルク運河の合計24か所の水泳場が一般に公開されます。すべて欧州連合法で要求される水質レベルを遵守するための技術的実現可能性分析の後に選ばれました。

2024年のパリ・オリンピックでは、トライアスロンと水泳オープンウォーターがセーヌ川で行われます。オリンピックは、これらの水泳場の開発のきっかけであり、首都でのオリンピックの遺産となります。

ポジティブな社会的影響

パリ地方は、居住者に素晴らしい生活の質を提供するだけでなく、社会的に良い影響を与えるビジネスの発展を歓迎し、奨励しています。複数のイニシアチブを通じて、パリ地方は企業の地域経済統合と、社会の恵まれない人々のためのより強力な支援ネットワークの開発をサポートしています。とりわけ、パリ地方は、男女平等を優先事項の1つにしており、特に起業家のチャンスを通じて行っています。さらに、パリ地方は、社会的影響ビジネスの地域エコシステム内でのB2B活動を奨励するイニシアチブを導入しました。

地域経済と社会の深い統合

パリ地方は、企業と地域の強いつながりを維持することを約束し、企業の地域経済への統合を優先するよう奨励しています。さまざまな市町村でCSR憲章の制定や地元のサービスプロバイダーの利用に焦点をあてた責任ある調達での企業の支援など、すでに多くの取り組みが行われています。大規模なプロジェクト補助金に関する要求事項もまた地域の経済統合促進のために使用されます。

特に就労と雇用に関して、地域のエコシステムへの企業の社会的統合を支援するために利用できる特定の相談サービスもあります。こうして、企業は地元の企業、市民団体、学校、大学、公的機関、住民その他の地元のプレイヤーや社会のメンバーとの共同プロジェクトに参加しています。

女性の起業家精神

パリ地方は、その政策とプログラムにおいて男女平等を推進することを約束しています。そこで、雇用と職業訓練における男女共同参画の促進に関する提案を収集し、優先順位をつけるために、オンラインの公的協議プラットフォームan online public consultation platformが設​​置されました。その結果、この地方は、女性の雇用へのアクセスを改善し、女性の起業家精神を促進することを狙った政策を確立しました。

2018年に始まったパリ地方の優れた女性の活躍を紹介するためのElles de France賞など、多くの取り組みが行われています。パリ地方はまた、より包括的な経済と社会を構築しつつ女性の声とビジョンに光をあてるグローバルなプラットフォームである「経済と社会のための女性フォーラム」の本拠地でもあります。

さらに、この地方には女性が実行するプロジェクトを支援するスタートアップインキュベーターイニシアチブであるWillaのようなダイナミックな女性起業家のエコシステムがあります。Women Business Angelsは、ヨーロッパで最初の女性のビジネスエンジェルのネットワークで、有望なスタートアップに個人的に投資し、その立ち上げと開発をサポートする1​​50人近くの女性を集めています。

ポジティブな影響を与える経済の開発

フランスは、第3セクターと社会的影響企業に対して特別な政策を持っており、社会連帯経済と呼ばれています。パリ地方は、この地方の企業の6.7%と従業員の7.1%に相当する社会連帯経済への独自のアプローチを持っています。パリ地方は、責任ある調達を通じて、社会的影響企業とビジネスを行うことを促進および奨励しています。

たとえば、ESS 2024プラットフォームは、パリのオリンピック・パラリンピックが持続可能で、地域経済に統合され、住民にとって有益であることを保証することを狙っています。このサイトは、社会変革企業がパリのオリンピック関連の機会とつながり、オリンピック・パラリンピックの組織の中心となることを助けます。これにより、主催者や連帯ベースの企業が、特に脆弱なコミュニティのために、経済的および雇用の機会を創出できます。また、この地方でのポジティブな社会的環境的変化をもたらすイノベーションを最大化してオリンピックの持続可能な組織の統合をしやすくします。

お問い合わせ