ニュース October 16, 2019

    自動運転モビリティの金メダルが…パリ地方に

    過去数年にわたって、自動運転モビリティを取り巻く多くの誇大宣伝がありました。誇大宣伝が多すぎる…そしてマーケティングキャンペーンが多すぎる。自動運転モビリティは、私たちが実現すると期待していたすべてを達成できたでしょうか?

    ©Paris 2024

    パリ、2024730日。

     ジュリアとの友達はとても興奮しています。あと2時間経たないうちに女子400m自由形オリンピック決勝に出場する友人のアシュリーを応援するのです 彼女たちはパリのホテルを早めに出て、スタッドフランスの向かいにあるサンドニのウォーターパークに到着します。サンラザール駅で、自動化された地下鉄14番線に乗って最後のサンドニプレイエルまで行きます。自動運転シャトルが他のファンと一緒にウォーターパークへと彼女たちを運びます。シャトル内では、大きなスクリーンが水泳競技を放送しています。旅行全体で30分と€2.50:ちょっと素敵ね、ジュリアは考えます

    この産業は乗客と道路利用者の両方の安全性を向上させるために技術的な飛躍的進歩を遂げましたが、多くの作業が残っています。企業は、特にパリ地方で、コネクテッド&自動運転モビリティの研究開発に投資することで、多大なメリットを享受しています(以前の投稿を参照)。

    自動運転車の試運転は世界中で盛んに行われています。それらはすべて順調ですが、商業運用を開始するときが来たようです。これは最も難しい部分であり、最も基本的なものを含め、非常に多くの未回答の疑問があります。どのビジネスモデルを採用するか?

    パリ地方は、自動運転ビジネスの開始や拡大の肥沃な土地です。1200万人の住民が幅広い都市部と農村部の環境で1日に4千万人の移動しており、パリ地方を事業を実施するのに熟したところとしています。コンテキストとして:

    • パリ市内はヨーロッパで最も人口密度が高く、優れた公共交通機関ネットワークと低い自動車所有率(約35〜40%)をもっています。
    • 郊外地域は、公共交通機関のネットワークがますます広まり、自動車の所有率も高いですが、それでもモビリティの状況は非常にバラバラです。
    • 田園地帯は、地域電車がバスのネットワークとともにギャップを埋めるべく接続されていますが、車が依然として不可欠です。

    つまり、パリ地方は、地理上は単一の市場内で、自動運転モビリティ・バリューチェーン全体にチャンスとビジネス・シナリオを提供しています。また、主要な道路インフラストラクチャを更新し、コネクティッド&自動運転車の大量展開を促進するために地方政府が投資した1億ユーロなど、地方公共団体からの十分なサポートもあります。企業は、事業を開始するための優れた条件をこの地方で見つけるでしょう。

    さらに、2024年7月、オリンピックの聖火がパリに到着します。すくなくともオリンピックの1分をキャッチするにちがいない世界の人口の約半分に加えてアスリート、ファン、メディアが夏季オリンピック・パラリンピック競技大会を楽しむためにパリ地方に集結します。これらの人々は動き回る必要があります ― そして、誰が自動運転の状態が5年後にどうなっているのかわかるでしょうか。

    私たちと一緒にその未来を形作りませんか?

    お問い合わせ

    • Romain Erny

      ロマン・エルニー - 航空宇宙およびモビリティのエキスパート
      連絡する