ニュース April 23, 2019

    ヨーロッパの中心で手頃に? パリ地方以外にありません。

    大陸の共通市場と5億人以上の消費者にアクセスするために欧州の拠点に興味を持っている企業はすべて、同じことを求めています:優秀な人材の集中、ビジネスのしやすさ、十分なオフィス・スペース、近代的なインフラ、生活の質、そして ― もちろん ― 手頃な価格。

    パリ地方は注目すべき価値を提供しており大小の企業の検討に値します。GDPRD、イノベーションの面でヨーロッパのトップ地域であることに加えて、この地域は他のグローバル都市と比較して手頃なビジネス環境と生活の質も提供しています。

    たとえば、商業用不動産を考えてみましょう。 Cushman&Wakefieldの2017年の調査によると、パリ地方のワークステーションあたりの占有コストは、ロンドンの半分であり、東京、ニューヨーク、サンフランシスコ、ジュネーブよりもはるかに低くなっています。

    また、一般的な生活費については、コンサルティング会社Mercer’s の生活費調査では、パリが世界で34位にランクされ、サンフランシスコ(5位)、ニューヨーク(6位)、ロンドン(9位)および香港(12位)よりもはるかに手頃であることがわかりました。

    議論のもう一つのホットな話題は、特にヨーロッパ駐在者の住宅用不動産の価格です。ロンドンは外国人にとって最も高価な都市にランクされていますが、パリは6位です。さらに、この地方で英国、大陸その他の地域への鉄道と空港高度発達しているおかげで、他の都市へのアクセスを犠牲にする必要はありません(宇宙は取り組み中ですが…)。

    移動について言えば、パリ地方のメトロと通勤鉄道システムは、世界で最も発展した信頼できるものの1つとみられています。また、比較的手頃な価格です:ロンドンよりも54%安い(パリ地方の全ゾーンパス75ユーロと比較するとロンドンの「月トラベルカード」は、134から351ポンドです)。

    ヨーロッパのすべては、パリ地方から電車や飛行機ですぐの距離にあります。

    生活費を比較するときに人々が考慮する他の主要な分野は医療です。パリでの15分間の診療は、ロンドンよりも56%安くなります。そして教育は?フランスでは無料で高品質ですが、ガーディアン紙によれば英国の平均的な家族は高等教育のために年間17,000ポンド以上を支払います。

    要するに、給与が同じロンドンの人よりも典型的なパリの人は、はるかに高い購買力を持っているのです。したがって、特にBrexitの不確実性が迫っている中で、多くの人がパリ地方に移住する決定を下したと知っても驚くことではありません。