ニュース January 2, 2019

    ビルジュイフの癌キャンパスで医学の未来を形づくる

    2018年11月16日に、医療の未来への投資に関するイベントのため学術、公的機関、起業家の世界から60人以上の最高最優秀な人材がビルジュイフ癌キャンパスで会合しました。 この野心的な開発計画の一環として、癌キャンパスは、技術的に最先端の施設、幅広いサポートサービスそしてトップレベルに近い基礎および臨床研究機関のおかげで、革新的なライフサイエンスやヘルスケア企業が、自らを確立し拡大するための環境を構築しています。

    癌キャンパス、150エーカーの腫瘍クラスター、は有力な専門家を集めて癌と闘っています。

    有名なギュスターヴ・ルシー研究所に隣接したビルジュイフのこの150エーカーの腫瘍学「クラスター」を本部にするという決定は、バイオテクノロジー、腫瘍学、ヘルスケアの専門家間のより緊密な協力を可能にする明白かつ結果重視のものでした。癌キャンパスをパリや他の郊外地域に結びつけるグランパリ・エクスプレス・メトロ拡張計画の形で、さらなる後押しが行われます。

    ビルジュイフにある癌キャンパスは、市内中心部にメトロですぐです。

    癌キャンパスは、地元および国の機関、医療専門家、商工会議所、起業家、スタートアップそして多国籍企業などの主要な経済関係者を結びつけるユニークなエコシステムにそのダイナミズムを負っています。OncoEntrepreneurやOncoNumérique ― パリ地方の支援を受け、欧州地域開発基金の資金提供を受けている ― などのアクセラレーターの存在は、この場所の魅力をさらに高めています。これらのプログラムは、パリ地方のスキルセットと経済的優先事項に沿ったイノベーションとビジネスの創造を支援することを目的としています。

    不動産部門は、バリューチェーン全体のニーズに対応している民間事業者とともにビルジュイフの最近の開発に迅速に対応しています。(インキュベーター、アクセラレーター、ホテル、そしてデイケア施設など)。

    AIを活用して癌と闘う

    パリ州(パリ地方)議長(知事)ヴァレリー・ペクレスは、癌キャンパスと協力して、ヘルスケアおよびデジタル分野のスタートアップおよび企業向けの起業家チャレンジを発表しました。Paris Region’s AI Plan 2021の一環として、癌キャンパスとMedicenの支援により、2019年春のこの最初のチャレンジは、医師が乳がんの再発の可能性を判断するのに役立つアルゴリズムの製作を企業に課します。競争はスタートアップと中小企業に開かれ、彼らは研究者と協力し、プロジェクトの資金とするための150万ユーロの助成金の恩恵を受けます。

    ビルジュイフ・バイオパーク・インキュベーター

    2011年に開設されたこのビジネスインキュベーターは、すでにバイオテクノロジーとヘルスケアの分野の37社が入居しており、50%が腫瘍関連応用に取り組んでいます。

    ギュスターヴ・ルシー

    ギュスターヴ・ルシーは、患者のケア、研究、教育に焦点を当てたヨーロッパ第1の癌センターです。研究所は、あらゆる種類の癌患者を治療しています。