ニュース October 14, 2020

    パリ地方はBeParkのためすべての正しいボックスにチェックマークします

    パリ地方のどこにも負けない「中心部の立地、言語そして文化的近接性」は、BeParkがここに拡大することを決定した多くの理由のほんの一部です。BeParkは発達した不動産市場とエコシステムに感銘し、地元の文化を活用して顧客とのより強力な関係を築くことができました。BeParkに、拡大の成功のカギは何だと考えるか、新型コロナCovid-19にどのように対処したかなどを尋ねました。

    BeParkとあなたのソリューションについて少し教えてください

    BePark は、革命の真っ只中にある2つのセクターである不動産とモビリティの間の対義概念から2011年に誕生しました。BeParkは、ユーザーと市場の進化を注視して、今日の駐車場のニーズに見合いそして明日のモビリティを変革するデジタルソリューションを開発しました。 BeParkは、ユーザーの駐車場の潜在能力を解放できるようにインテリジェントな駐車場管理に導きます。

    パリ地方に設立することになったきっかけは何ですか

    私たちの国際的な拡大を成功させるためには、私たちがサービスを提供しようとしている国に存在していることが重要でした。私たちはお客様に近づき地域社会の文化を理解したかったのです。

    私達は、地理的に中心の場所であるというだけでなく言語的および文化的に近いことからフランスを選びました。なぜパリなのか?人口が密集しており、市場が不動産の革新とそのエコシステムの点で非常に進んでいるからです。私たちのビジネスは都市生活を改善するために創造され設計されており、ヨーロッパ最大の大都市の1つに立地することも重要でした。

    新型コロナCOVID19の発生は、貴社がフランス国内で活動している駐車場/不動産のエコシステムにどのような影響を与えましたか?それはあなたの会社にとってどのような機会(または挑戦)ですか?

    この危機は仕事の再編成に多くの変化をもたらしました。テレワークはホットな話題であり、将来さらに一般的になるでしょう。これは、駐車場の使用がこの新しい働き方に適応するために変化しなければならないということを意味します。ですから、経営をデジタル化して組織を考え直す必要があるのです。

    BeParkの将来に関しては、私達はこの機会を信じており、物事を変える重要な瞬間だと考えています。空き駐車場のロットが増えるということは、市民により多くの駐車スペースを提供できるということで、これによって都市空間を解放できます。さらに、2年前からデジタル駐車場管理ソフトをお客様に提供しており、この部門のニーズにお応えする準備が整っています。

    あなたにとって企業の国際的な拡大(フランスでのという意味ですが)を成功させるためのカギは何ですか?

    • 強い市場で強くあること
    • 地域レベルに存在するチームをもつこと
    • 地域のエコシステムにうまく入ること

    パリ地方の労働力/人材をどのように認めていますか? 今後3年間の採用計画は?

    私達はいくつかの国で採用活動を行っていますが、パリさらにより広くパリ地方は、非常に優れた私立学校を卒業した人々がおり、人材の強みは良いと思います。教育訓練はおしなべて優れており、人材はすぐにプロとしてのキャリアを始められます。これらの候補者は非常に優秀です。ただし、たくさんの就職機会があるので、希少になっています。

    採用計画については、2020年に4名を採用する予定で、これによってフランスのチームは10名になります。その後、さらに毎年10名を採用する予定です。

    お問い合わせ