ニュース December 31, 2019

    パリ地方でコネクテッドと自動運転モビリティを開発する5つの理由

    都市のモビリティは世界中どこでも均一なわけではありません。Autonomy の創設者兼CEO であるロス・ダグラスによると、3つの異なるタイプのモビリティが米国、中国、ヨーロッパの主要市場に存在します:車中心;電気と共有;そしてマルチモーダル。ヨーロッパに関しては、1つ確かなことがあります―欧州連合は、欧州のモビリティシステムをより安全で、よりクリーンで、より効率的で、より利用者に優しくするために、コネクテッドと自動運転(CAM)の開発と大規模化の促進に懸命に取り組んでいます。

    さらに、パリ地方は世界中のモビリティのプレイヤーにとって真の実験場になっています。2024年のオリンピックが間近に迫った今、Paris Region Accelerator:[Mobility]プログラムなどのインセンティブがあふれています。このプログラムは、破壊的イノベーションの北米企業とフランス企業を結集して技術革新と実験を促進することを目的として、フランスとヨーロッパでモビリティ業界を破壊的にスケール・アップさせそのビジネスを伸ばすスタートアップ企業にとって、またとないチャンスを提供します。

     

    それで…まだお考えですか? パリ地方でR&D事業を立ち上げる5つの理由は、次のとおりです!

    1.多様でダイナミックな研究エコシステム

    • 公立R&D研究所は、コネクテッドと自動運転モビリティについて国際パートナーとともに20年以上取り組んでいます。
    • INRIAとMines ParisTechのR&Dチームは、コネクテッドと自動運転モビリティに関するプロジェクトの欧州での最初の呼びかけに取り組みました。
    • より最近ではVEDECOMやSystemXなどの研究所は、公共R&Dとしてパリ地方独自のオファーに取り組んでいます。
    • パリ地方には、ルノー、PSAグループ、Valeo、RATP、Keolis、Transdevなどの輸送業界のリーダーがあり、R&Dエコシステムと協力して、コネクテッドと自動運転モビリティに関する革新的なコンセプトを開発しています。

    2.活気のあるスタートアップ・シーン

    • パリ地方でスタートアップ・シーンは本当に活況を呈しています。The Technology Fast 500 EMEAによればパリ地方はスタートアップ企業の数に関してヨーロッパで第1番目の地方にランクされています。
    • 自動とコネクテッド運転モビリティの分野で活動するスタートアップ企業は、Chronocam、Navya、Dibotics、..のように非常に活発です
    • さまざまなプレイヤーによるインキュベーションやアクセラレーション・プログラムは、パリ地方でのソリューションの展開に熱心な国際的なスタートアップを歓迎しています。

    3.才能がありアクセスしやすいエンジニアのプール

    • 才能ある人材を引き付けることは、特にAI やディープ・テクノロジー向けの革新的なソリューションを開発するためのカギです。
    • 教育、科学、技術の卓越性で国際的に有名なパリ地方には、フランスの学生人口の25%以上、2016年には678,159人の学生が集中しています。
    • 2016年の28,055人の博士課程の学生のうち45%が数学を専攻しています(出典:教育高等教育研究省、RERS 2017、データ2016–17)
    • 才能あるエンジニアのこの集中は、ヨーロッパでは他にほとんどありません。

    4.強力な財政的および法的サポート

    • 最後に、国および地方の資金がパリ地方での研究開発活動を支援します。
    • 国レベルで最も注目すべきはR&D 税額控除です。R&D の30%を税額控除で取り戻すことができ、これはOECD によると最も魅力的なインセンティブの1つです。
    • 地方レベルでは、パリ地方政府は1億ユーロを投資して、主要道路インフラストラクチャーを整備し、コネクテッドと自動運転モビリティの大量展開を促進します

    5.パリ地方アクセラレータ・プログラム

     

    • 技術革新と実験を促進するために、Choose Paris Regionは独自のアクセラレータ・プログラムを創造し、Paris Region Acceleratorを開始しました。
    • 2020年、その初版で、このプログラムは、都市モビリティの増大する課題に取り組んでいます。シェア・モビリティ、マイクロ・モビリティ、データとコネクティビティ、電化、フリート管理、ラストマイル物流、サポート・インフラストラクチャ、自動運転モビリティの分野で革新的なソリューションを提供する企業とフランスの企業を結集します。
    • 2020年3月から6月にかけて、参加スタートアップ企業は、このプログラムによってパリ地方のエコシステムに深く入り込んで拡大戦略を練ることができます。彼らはフランスの企業グループによって指導され、潜在的なパートナーシップを探求し、新しいビジネスチャンスを開拓します。

    ぎましょう!申込みは2020131日まで開いています。今日申込みを!

    プログラムに関連するご質問がある方やパートナーとして参加ご希望の方はお知らせください。 アクセル(Axelle)にメールを。Axelle.gouverneur@chooseparisregion.org