ニュース March 8, 2019

    パリ地方でコネクテッドと自動運転モビリティを開発する5つの理由

    都市のモビリティは世界中どこでも均一なわけではありません。Autonomyの創設者兼CEOであるロス・ダグラスによると、3つの異なるタイプのモビリティが米国、中国、ヨーロッパの主要市場に存在します:車中心;電気と共有;そしてマルチモーダル。コネクテッドおよび自動運転車は、都市のモビリティの将来にとって大きな役割を果たしますが、ヨーロッパの市場開発は、世界の他の地域と比べて大きく異なります。

    そして、自動運転とコネクテッド自動車を展開する競争が始まっていますが、初期に大規模なR&Dの先行投資を行う必要があります。実際、アリゾナ州フェニックスでWaymoが大きな飛躍を遂げたにもかかわらず ― たとえば ― 試運転中の技術的な問題と消費者の反応が鈍いことで、開発が遅れています。

    したがって、研究開発を地域市場に適応させる必要があることは明らかです。特にパリ地方には、コネクテッド・モビリティおよび自動運転モビリティ・ソリューションを開発するプレイヤーに提供する多くの資産があります:大きなビジネスチャンスのある市場、多様なモビリティ・エコシステム、実験場など、

    ラデファンス・ビジネス地区の自動運転無料シャトル。

    パリ地方にR&D事業を設立する5つの理由は次のとおりです。

    1.多様でダイナミックな研究エコシステム

    • 公共R&D研究所は、国際パートナーとともにコネクテッドと自動運転モビリティに20年以上取り組んでいます。
    • INRIAおよびMines ParisTechのR&Dチームは、コネクテッドと自動運転モビリティに関するプロジェクトの欧州での最初の呼びかけに取り組みました。
    • より最近ではVEDECOMやSystemXなどの研究所は、公共R&Dとしてパリ地方独自のオファーに取り組んでいます。
    • パリ地方には、Renault、PSA Group、Valeo、RATP、Keolis、Transdevなどの輸送業界のリーダーが拠点を置いており、これらはR&Dエコシステムと協力して、コネクテッドと自動運転モビリティに関する革新的なコンセプトを開発しています。

    2.活気のあるスタートアップ・シーン

    • スタートアップ・シーンはパリ地方で本当に活況を呈しています。The Technology Fast 500 EMEAによればパリ地方は、スタートアップの数に関して、ヨーロッパで1番目の地方にランクされています。
    • コネクテッドと自動運転モビリティの分野で活動するスタートアップは、Chronocam、Navya、Dibotics、Marben…などのように非常に活発です。
    • さまざまなプレイヤーによるインキュベーションやアクセラレーション・プログラムは、パリ地方でのソリューションの展開に熱心な国際的なスタートアップを歓迎しています。

    3.才能がありアクセスしやすいエンジニアのプール

    • 才能ある人材を引き付けることは、特にAIやディープ・テクノロジー向けの革新的なソリューションを開発するためのカギです。
    • 教育、科学、技術の卓越性で国際的に有名なパリ地方には、フランスの学生人口の25%以上、2016年には678,159人の学生が集中しています。
    • 2016年の28,055人の博士課程の学生のうち、45%が数学を専攻しています(出典:教育・高等教育研究省、RERS 2017、データ2016–17)
    • 才能あるエンジニアのこの集中は、ヨーロッパでは他にほとんどありません。

    4.クロスコンピテンス・アプローチ

    • パリ地方では、非常に多様な経済セクターが共存しており、重要なことに、横断的なテック的チャレンジで協力しています。
    • たとえば、航空宇宙、防衛、および自動車産業は、サイバーセキュリティの問題で協力しています。
    • 別の興味深い例はPRAIRIE project(PaRis Artificial Intelligence Research Institute)です。そこでは、AIのチャレンジをするさまざまなコミュニティを集めています(Microsoft、Facebook、Amazon、Valeo、PSAグループ、Criteo…)。

    5.政策立案者からの強力な財務的法的支援

    • 最後に、国および地方の資金がパリ地方での研究開発活動を支援します。
    • 国レベルで最も注目すべきはR&D税額控除です。R&Dの30%を税額控除で取り戻すことができ、これはOECDによると最も魅力的なインセンティブの1つです。
    • 地方レベルでは、パリ地方政府は1億ユーロを投資して、主要道路インフラストラクチャーを整備し、コネクテッドと自動運転モビリティの大量展開を促進します。