ニュース March 17, 2020

    «ナノ・ギャップの橋渡し»ー ナノトロニクスとナノイノベーションの提携

    ナノテクノロジーは現代世界において、航空宇宙、工業デザイン、防衛、ヘルスケアそしてゲノミクスなどさまざまな分野を変革するカギとなる実現技術です。 ナノテクノロジーの技術的優位をつかむことは、グローバル経済の中で競争力をもちたいと願う多くのディープ・テック企業にとって決定的なものでありましょう。 さらに、ナノテクノロジー製品の市場は、今後数年間で他のどの業界よりも高い成長率が期待されています。

    ナノテクノロジーは世界の経済と社会に革命をもたらすので、そのフィールドは国内レベルのみならず大西洋を越えた協力の機会に満ちています。

    このような協力の好例は、酸化物半導体ウェハ/デバイス製造のフランス企業ナノベーションと、製造プロセスにおける欠陥や異常を検出するためにAI、オートメーションそして洗練されたイメージングを組み合わせたプラットフォームの発明によって工場管理を再定義したアメリカの科学技術企業ナノトロニクスの最近のパートナーシップです。

    両社のCEOは、昨年7月、パリでバスティーユ記念日のわずか5日後に会い、それ以来、研究を進める取り組みを統合しています。

    に支援され、この協力により2019年8月、ナノトロニクスNanotronicsの産業用検査システムnSpec®がヨーロッパではじめてナノベーションNanovationの構内に設置されました。

    この協力によって両パートナーはそれぞれの領域で技術の専門性を拡大しました。

    このパートナーシップのおかげで、ナノベーションは自社の高品質半導体ウェーハと量子デバイスを分析するための完全自動光学検査システムへのアクセスを獲得しました。

    ナノトロニクスは、ヨーロッパ、とくに、パリ・サクレー・ハイテククラスターに自社の技術を実証するプラットフォームをもちました。

    ナノサイエンスとナノテクノロジーに従事している5,300人以上の研究者と240の研究室とともに、パリ地方はスタートアップやより大きな企業の事業立ち上げ、幅広い訓練を受けた研究者のプールへのアクセス、スケールアップの機会に溢れています。

    パリ地方は、パリ・サクレーの研究センターのように、世界クラスのナノテクノロジー研究センターの拠点です。

    前進しながら、Choose Paris Regionは、ナノテクノロジーに特化したフランスと外国の企業の間のシナジーの発展を支援し育て続けます。

    ナノテクノロジーによって生み出される可能性およびナノトロニクスとナノベーションのパートナーシップはナノサイエンスが創造できるシナジーのタイプの一例にすぎません。