ニュース September 23, 2019

    なぜフランスはエンジニアリングで優れているのか

    フランスで働いたことのある人なら、航空機から自動車、持続可能性技術まで、さまざまな分野で働く高学歴のエンジニアが豊富にいることにお気づきでしょう。実際、フランスは毎年、EUでエンジニアリング卒業生が最も多い国で、ドイツと英国以上です

    UnsplashのMakersによるNESAの写真

    それでは、何がフランス、特にパリ地方をヨーロッパのエンジニアリング発生源にしているのでしょうか?このエンジニアリング人材の深いプールに貢献するいくつかの要因があり、そのうちのいくつかは意外なものです。

    理由#1:心理。オランダの社会心理学者であるヘールト・ホーフステッドは、フランス文化におけるルールと法律の重要性を指摘することで、エンジニアリングに対するフランスの愛を説明しています。彼の不確実性回避ランキングに基づくと、フランス、およびヨーロッパ全般、はそのスコアが高く、驚きと変化は、それらに対処するためのルールがないため、歓迎されません。これは、フランスが米国で見られるような極端なリスクテイクのイノベーションにあまり傾いていないことを意味します。一方、フランスは、エンジニアリングなどのようなビジネスの多くの技術的側面に優れています。ここには、従わなければならない明確なルールと手順があります。

    重要な注意:不確実性の回避に関するフランスのスコアは、それほど珍しいものではありません。欧州全体が、不確実性回避スケール(50以上)で高いスコアを獲得しており、これはおそらくEUの下での規則の繁殖を説明しています。

    理由#2:フランスの豊富なエンジニアリングの学校。フランス全土に145のエリート・エンジニアリング学校があり、ここにはパリ地方のエンジニアリング学位を提供する約75の大学が含まれています。ポリテクニック校、パリ・シュッド、ESIPE、およびEIDDなどのグランゼコール(入学試験が必要なエリート大学)と公立大学はすべてこの地方に集中しており、それらの多くは英語で講座や学位を提供しています。これらの大学は、ノーベル賞を受賞したスタッフのおかげもあり(ENSは、世界でトップレベルのノーベル賞受賞者を輩出した大学院です)、フランス国外でもよく知られています。2017年には、40,000人を超える学生がエンジニアリング学校に入学しました。これは、ビジネス課程の学生の数と同じです。エンジニアリングは、明らかにフランスの若くて成長している人々の間で人気のあるキャリアパスです。

    理由#3:卒業生は遠くで仕事を探す必要がありません。上記の大学のほとんどは、パリ南部、Paris-Saclayクラスターにあります。ここには、航空と自動車の主要企業(Airbus、 Thales、 Mercedes-Benz、 Renault)およびその他のテクノロジー企業(Nokia, Dassault)の研究室と研究センターもあります。このパリの地域は、2016年にR&Dに費やされた目を見張る1974億ユーロに貢献しました。これはヨーロッパで最も高い金額です。ASTech、Cosmetic Valley、Mov’eo、Medicenなど、航空、化粧品、輸送、ヘルスケアの各分野でそれぞれ活動するクラスターは、数千人の研究者を雇用し、数億ユーロの資金を受け取っています。

    ドイツを凌駕:パリ地方には、ミュンヘン(バイエルン北部)とシュトゥットガルトを合わせたよりも多くのR&D従事者がいます。

    このようなエンジニアリング・クラスターにより、パリ地方はヨーロッパ全体で最も多くのR&D従事者もっています。162,000人のうち、115,000人が研究者です。これは、2016年時点で、グレーター・ロンドン(60,000)とシュトゥットガルト(73,000)および北バイエルン(74,000)の2倍を大きく上回っています。

    文化、教育、ビジネスチャンスの独特の組み合わせのおかげで、フランスとパリ地方は、ヨーロッパでのエンジニアリングとR&Dの成長をリードしています。